霊園の掃除は大切

私の母が亡くなって十年が経ちました。母は立川近くの霊園のお墓で眠っています。でも私はもう五年以上、お墓参りをしていないのです。

夫がいい加減、お墓参りに行こうと言い出しました。
ずっと気にしてくれていたのです。私が母と不仲だったので、お墓参りに行かない私の事をずっと気にしていたのです。

背中を押されて仕方なく霊園へ足を運びました。立川までは車で一時間もかからないところにあるのです。
それなのに、も五年も近寄っていないのです。とても罰当たりだと思います。

snow-72681_640

生前の母とはうまくいっていませんでした。
シングルマザーで私を育ててくれた母ですが、とても過保護だったのです。何かにつけて私に執着してきたのです。
それが嫌で反発をしていました。駆け落ち同然で結婚もしたのです。

母が亡くなった時思ったのです。「これで母から解放される」そう思ったのです。
そんな事を思った私はひどいと、身内には言われていました。でも真剣にそう思ったのです。私の本音だったのです。

その母のお墓なのです。荒れて雑草がいっぱい生えていました。
お花も何もありません。とても悲しお墓なのです。私は雑草を抜いてきれいにお墓を掃除しました。
二時間かけて掃除をしたのです。そして母に誤ったのです。いつまでも意地を張っている私を許してほしいと言いました。
今更ですが、母が大好きだったのです。ずっと好きだったのです。

こんなきれいな霊園にいる母が、とてもうらやましく思いました。これからももっと、お墓参りに来ようと思います。

とても綺麗な霊園|立川の西多摩霊園

お墓掃除のコツ:http://matome.naver.jp/odai/2140772455133920401

霊園の前を通る時

私が住む街には、とても大きな公園があります。その公園のすぐ隣に、とても大きな霊園ができたのです。
そしてあっという間に、いくつものお墓もできたのです。私は犬の散歩で、毎日霊園の前を通ります。そして思ったのです。
霊園の前を通った時、何かを感じたのです。それも背中に重い空気を感じたのです。それが何だか最初はわかりませんでした。
そして一か月もした頃、それが霊によるものだとわかったのです。私はいくつもの霊が見えるようになったのです。

元々霊がとりつきやすい体でした。
若い時にはよくとりつかれていたのです。そのたび、体調を崩してとても大変でした。
そしてまたそうなったのです。以前よりも、もっとひどくなったのです。

cemetery-112042_640

私は最近では女性の霊がとりつくようになったのです。
その霊園の前を通ると、毎日決まって同じ女性の霊がとりついてくるのです。とても悲しい女性です。不慮の事故で亡くなった女性なのです。
私を通して、ある人に伝えたいことがあるみたいです。でもどうすればいいかわからず、ずっと悩んでいるのです。

できる事ならこの霊園の前を通りたくないのです。
それなのに、自然と足が向かうようになったのです。私の意思とは別に、体が自然と霊園へと進んでいるのです。私にはそれを阻止できることができません。
私は早く女性のために、何かしてあげたいのです。力になってあげたいのです。でもまだ悩んでいる女性の背中を押す事ができないでいるのです。